超進化を遂げる街、渋谷(運用実績と週間マーケットコメント2019/12/6)

進化する渋谷

◎ポートフォリオの運用実績(2019/12/6時点)

◇積立金額合計
1,050,000円
◇ポートフォリオ評価額
1,122,215円
◇損益
+72,215円(+6.9%)
◇各ファンドの週間騰落率
インド株式:-1.0%

ヘッジHY債券:+0.0%
Jリート:-1.5%

ポートフォリオ評価額と基準価額(2019.12.06)

※各ファンドや運用前提については 「私のポートフォリオ」シミュレーション開始 を参照してください。

今週のマーケットコメント

今週の世界の株式市場は概ね横ばいでした。先進国は米国や日本が上昇した一方で欧州が下落しました。新興国はブラジルや中国を中心に上昇しました。

マーケット騰落率(2019.12.6)

<瞬解!一言まとめ>
米中貿易協議分かんね。でも米国の雇用統計いいじゃん!トントンで!

今週は、前半から半ばにかけて、11月のISM製造業景況感指数が市場予想を下回り、米国の景気減速が意識されたことに加え、トランプ米大統領によるブラジルやアルゼンチンに対する追加関税や米中貿易協議の合意先送りを示唆する発言、米通商代表部によるフランス製品に最大100%の制裁関税を検討するとの発表を受けて、米国を中心とした世界的な貿易摩擦への懸念が高まり、大きく下落しました。

一方、週後半は米中貿易協議について12月15日の追加関税発動を前に第1段階の合意を完了できる旨を関係者が明かしたとの報道や、11月の雇用統計で非農業部門の雇用者数が市場予想以上に増え、9月、10月分も上方修正され、米景気減速への懸念が後退したことで大きく反発しました。

新興国では、ブラジルが第3四半期のGDP成長率が上方修正されたことや鉱工業生産が前月から改善したことを背景に大きく上昇しました。

スポンサーリンク

今週の雑談

約9カ月前、当ブログで 渋谷ストリーム生レポート という記事を掲載した。

進化する渋谷に驚きと興奮を覚えたのは今でも鮮明だが、この記事の中で次のような写真をアップしている。

<渋谷ストリーム 2階側面>
渋谷ストリーム 2階側面

当時この写真の背面には建設中のビルがあった。

そしてあれから9ヵ月、その殺風景な建設中のビルはこうなった。

 

<渋谷スクランブルスクエア>
渋谷スクランブルスクエア

進化しすぎだwww

オープン直後ということもあるが、多くの路線と直結しているため、圧倒的な人の数!

そして渋谷スクランブルスクエアと言えば、様々なメディアでも取り上げられたここだろう。

 

<展望台「渋谷スカイ」>
展望台「渋谷スカイ」

高い。

標高も入場料も高い!

でも、これ入場料安かったら人がごった返して危険だわ。

東京タワーとスカイツリーを一望できる景色は “圧巻” の一言。

おかげさまでのんびりと渋谷の景色を堪能できたし、息子はハシャギ回れたので良しとしよう。

 

 

→ 最短で最強の運用手法
【成功率100%】資産運用のプロが厳選した初心者でも1000万円作る方法

→ 投資信託買うなら楽天証券
①ファンド数トップクラス
②購入時手数料最安
③積立は楽天カードOK

→ お得な投資方法
自動で貯める♪楽天証券×投資信託×積立投資でポイントを稼ぐ方法とは