「渋谷再開発紹介」第4弾(運用実績と週間マーケットコメント2020/8/21)

MIYASHITA PARK

◎ポートフォリオの運用実績(2020/8/21時点)

◇積立金額合計
1,450,000円
◇ポートフォリオ評価額
1,428,935円
◇損益
-21,065円(-1.5%)
◇各ファンドの週間騰落率
インド株式:-1.4

ヘッジHY債券:+0.2%
Jリート:+2.7%

ポートフォリオ評価額と基準価額(2020.8.21)

※各ファンドや運用前提については 「私のポートフォリオ」シミュレーション開始 を参照してください。

今週のマーケットコメント

今週の世界の株式市場は総じて上昇しました。先進国は軒並み下落するも米国の上昇が市場を牽引しました。新興国はインドを中心に上昇しました。

マーケット騰落率(2020.8.21)

<瞬解!マーケットの声>
懸念材料多いけど、お金あるしS&P500でも買っとくかぁ。

◆主なプラス材料

  • 継続する各国の金融緩和策
  • 米政府の追加経済対策への期待

◆主なマイナス材料

  • 米中対立激化懸念
  • 米景気回復見通しの鈍化懸念
  • 新型コロナウイルス感染拡大第2波による経済活動の停滞

 

今週は、米中の閣僚級協議が延期されたほか、米商務省がファーウェイに対する事実上の禁輸措置を強化すると発表するなど、米中対立が厳しくなるとの見方が広がりました。加えて、FRBが発表したFOMC議事要旨で、新型コロナウイルス感染による米経済への悪影響が「中期的には経済見通しにとってかなり深刻なリスクになる」との見解で一致し、世界景気回復の遅れが改めて意識されたことが各国株式市場の重しとなりました。

一方、米国株式については、ハイテク株を中心としたナスダック銘柄が買われすぎとの見方から上値の重い展開となったものの、4~6月期決算が市場の事前予想ほど悪くなかったと捉えられた「資本財」や「素材」セクターなどのS&P500銘柄が買われました。また、個別銘柄では、月末の株式分割で個人投資家が買いやすくなり、投資資金が流入するとの期待が高まったアップルが8%以上上昇するなど、市場を牽引しました。

一週間を通して不気味なほど動きのない相場でしたが、先週まで絶好調だったナスダックが上値の重い動きをしたことなどを踏まえると、ウィズコロナ銘柄への期待感と高値警戒感が一端の均衡点を迎えた展開とみています。こういった膠着状態が続く展開から、次にどちらへ大きく動くのかと言われれば、やはりネガティブ方面だろうというのが私の考えです。ここから上値を取りに行くなら、急落局面を常に念頭に置きながら、十分に国、セクター、そして銘柄を厳選してポジションを作ることが重要でしょう。

スポンサーリンク

今週の雑談

渋谷再開発紹介もなんだかんだで第4弾!

前回 は「渋谷フクラス」だったが、今回は話題沸騰中の「MIYASHITA PARK」。

そう、ホームレスのたまり場でおなじみ(?)の、あの宮下公園だ!

「宮下公園×商業施設」として新しく生まれ変わった「MIYASHITA PARK」だが、早速、宮下公園がどう変わったのか見てみよう。

 

<新生宮下公園>
宮下公園①

 

お前はいったい誰だ!!!www

爽やかすぎる!ホームレスのホの字も浮かんでこない。

実に清々しい。ちゃっかりスタバあるし。

しかし、このときは暑すぎて早々に下の階に退却(汗)。

 

<商業施設内>
宮下公園②

 

高級ブランドも入って、陳列の仕方も「場所を贅沢に使っている感」満点。

そして、今回一番気になっていたところがここだ!

 

<渋谷横丁>
渋谷横丁①

 

暑すぎて誰も座ってないwww

でも、この炎天下の中、冷たいビールいっちゃったら、絶対イッちゃう自信あるわー。

 

<渋谷横丁屋内>
渋谷横丁②

 

中はこんな感じ。

ガヤついてるけどキレイ。

実にいい雰囲気♪

今回は「死ねる猛暑」と「子供連れ」のコンボだったため早々に退散したが、絶対リベンジしたいと思う。

 

コロナのせいで話題沸騰中なのに閑散としているのはやはりさみしい。

しかし、渋谷のイメージが激変していく様を眺めるのはとても楽しいし、貴重な体験ができているなぁと素直に思う今日この頃である。

 

 

→ プロおすすめの金融機関は?
タブー解禁!投資信託はどこで買えばいいか、おすすめ金融機関をプロがぶっちゃけ

→ お得な投資方法
自動で貯める♪楽天証券×投資信託×積立投資でポイントを稼ぐ方法とは

→ 最短で最強の運用手法
【成功率100%】資産運用のプロが厳選した初心者でも1000万円作る方法