恐竜博士無双(運用実績と週間マーケットコメント2019/8/16)

無双

◎ポートフォリオの運用実績(2019/8/16時点)

◇積立金額合計
850,000円
◇ポートフォリオ評価額
855,284円
◇損益
+5,284円(+0.6%)
◇各ファンドの週間騰落率
インド株式:-1.1%

ヘッジHY債券:-0.7%
Jリート:+2.5%

ポートフォリオ評価額と基準価額(2019.8.16)

※各ファンドや運用前提については 「私のポートフォリオ」シミュレーション開始 を参照してください。

今週のマーケットコメント

今週の世界の株式市場は総じて下落しました。先進国では日本や英国を中心に下落しました。新興国ではブラジルが大きく下落、一方で中国は上昇しました。

マーケット騰落率(2019.8.16)

今週は、米中貿易摩擦問題の各国景気に与える悪影響が悲観されました。

米通商代表部が対中国への関税第4弾について一部品目の発動を先送りにするとの発表を受け、米中貿易摩擦への懸念が和らいだこと、7月の米消費者物価指数が市場予想を上回ったことなどがプラス材料となったものの、中国やドイツの経済指標が景気減速を示したこと、米国債市場で景気後退の兆候とされる10年物と2年物の利回り逆転が起きたこと、香港のデモ拡大への警戒感が高まったことなど、多くのマイナス材料がマーケットを押し下げました。

新興国では、政府の景気刺激策実施についての発言などを背景に中国が上昇、一方で原油価格の下落によるエネルギー関連銘柄の売りが波及したブラジルが大きく下落しました。

※インド株式ファンドとヘッジHY債券ファンドの基準価額は前営業日のマーケットが反映されるため、週間騰落率とマーケットコメントが一致しない場合があります。

スポンサーリンク

今週の雑談

息子は自称「恐竜博士」だ。

自称といえど、努力は怠らない。

買った「恐竜かるた」はほぼ毎日実践している。

 

そして50枚ほどある恐竜の名前と絵をほぼ覚えた。

 

そこで、お盆に妻の実家に帰省した際に、変則かるた大会を実施。

ルールは「息子 対 誰か」の1対1。

読み上げるのは、かるたではなく恐竜の名前のみ。

 

大人たちはかるたに書いてある字を見て取る。

一方息子は絵を見て取る。

いくら3歳児の反応速度と言えど無双状態なのだ。

 

あまりに勝ち過ぎたので、遂に真打が登場。

日頃一緒に恐竜の勉強をしているママだ。

問答無用のガチ勝負。

 

結果…

 

同点!スゲー!

あまりに感動して遂に裏ボスのパパまで登場。

 

結果…

 

僅差でパパの勝ち!

大人げなかったが本当に強くてガチでやってしまったw

 

息子はいじけモードに入ったが、かるたのコツを伝授してあげるとむしろ喜んでいた。

父の背中を超える日はそう遠くない。

 

 

→ 手間暇と必要知識を最小限に抑えた運用手法を紹介
【成功率100%】資産運用のプロが厳選した初心者でも1000万円作る方法

→投資信託を買うなら断然、楽天証券がおすすめ!

  1. 取り扱いファンド数が業界トップクラス
  2. 多くのファンドで手数料が最安
  3. 投信積立の場合、楽天カードで支払える

→ お得な投資方法を知りたいならここをチェック
自動で貯める♪楽天証券×投資信託×積立投資でポイントを稼ぐ方法とは