口は災いの元(運用実績と週間マーケットコメント2019/8/23)

口は災いの元

◎ポートフォリオの運用実績(2019/8/23時点)

◇積立金額合計
850,000円
◇ポートフォリオ評価額
853,559円
◇損益
+3,559円(+0.4%)
◇各ファンドの週間騰落率
インド株式:-0.9%

ヘッジHY債券:+0.8%
Jリート:+0.7%

ポートフォリオ評価額と基準価額(2019.8.23)

※各ファンドや運用前提については 「私のポートフォリオ」シミュレーション開始 を参照してください。

今週のマーケットコメント

今週の世界の株式市場は総じて下落しました。日本や中国などアジア圏が上昇した一方で、米国が大きく下落しました。

マーケット騰落率(2019.8.23)

今週は、米中貿易問題に対する先行き不透明感に大きく振らされる展開となりました。

イタリアのコンテ首相が辞意を表明したことで投資家心理が悪化したものの、米国の小売業で市場予想を上回る四半期決算が続き、米個人消費の堅調さが意識されたこと、米政府によるファーウェイに対する一部取引の例外措置を延長するとの発表を受け、米中貿易摩擦への懸念が和らいだことなどから、金曜日のアジア時間までは世界的に堅調な値動きとなりました。

しかし、金曜日の米国時間、中国政府が米政府の対中制裁関税「第4弾」への報復措置を発表。これに対し、トランプ大統領がツイッターへの投稿で対抗措置を講じる姿勢を示したことでマーケットは急落に転じました。来週のアジア時間は当該材料を織り込む形でマーケットが明けると予想されます。

スポンサーリンク

今週の雑談

※この物語はフィクションです。登場する人物は架空のものであり決して実在はしません。

 

あるところに、それはそれは仲の良い三人の青年がいました。

一人の青年は、とてもノリが良く、酒を飲めば飲むほどナンパの成功率が上がるという酔拳(真)の使い手でした。

もう一人の青年は、とても話し上手で盛り上げ上手。いつの間にか女の子を酔わせるマヌーサ(真)の使い手でした。

そして最後の青年は、器量は良く適度にノリはいいものの、これといった特技はありませんでした。

 

ある日、そんな三人がいつものように盃を交わしていると、酔拳使いの青年が言いました。

酔拳:「なんか最近成約率が低い」

マヌーサ使いの青年も続きます。

マヌーサ:「そう、発注数は変わらないのに。ってか無氏(最後の青年)の成約率だけ異様に高いんだけど」

無氏:「酔拳が捕まえて、マヌーサが盛り上げて、俺が持ち帰る。そういうシステムじゃん!」

酔拳&マヌーサ:「っ!!!」

無氏の発言に大激怒した酔拳とマヌーサは、無氏に特大のバッドステータスを付与することにしたのです。

 

 

「乳首コリコリキャラ」

 

 

それからというもの、乳首コリコリ氏はここぞという場面で酔拳とマヌーサに乳首を激しくコリコリされ、「男大爆笑&女ポカーン」の図式が出来上がり、三人仲良く成約率が激減するのでした。

おしまい♡

 

 

→ 手間暇と必要知識を最小限に抑えた運用手法を紹介
【成功率100%】資産運用のプロが厳選した初心者でも1000万円作る方法

→投資信託を買うなら断然、楽天証券がおすすめ!

  1. 取り扱いファンド数が業界トップクラス
  2. 多くのファンドで手数料が最安
  3. 投信積立の場合、楽天カードで支払える

→ お得な投資方法を知りたいならここをチェック
自動で貯める♪楽天証券×投資信託×積立投資でポイントを稼ぐ方法とは